うさぎ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS visionをもつ

<<   作成日時 : 2006/07/09 01:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昔 バイクの免許をとるときに
一本橋 というのがあった。

つまり、かなーり細い道の上をバイクで落ちないように走るんだけど、
そのときに 言われたことは、
「手前を見るのではなく、通達点を見続ける」
ということ。

これって、ミシンをかけるときにも 自転車にのるときにも
同じことがいえるよね。

足元を見て、転ぶんじゃないかなー なんて考えてると
その目線の方向にいってしまって 結局ころんでしまうんだ。


いま 思うのは それって 生きていくうえでのいろんな側面でも
生きてくる教訓だってこと。

いま気づくのは遅いかもしれないんだけどね。


どういう風になりたいのか、
どういう恋愛をしたいのか、
どういう生き方をしたいのか

そういうことを考えていないと
どんどん 目の前のことに 心が奪われてしまう。

それって 海に小船で 地図もコンパスもなしで ただよっているのと同じこと。

こうだ って決めた道が間違っていたら 方向転換するという柔軟性は必要だけど
それすらなくて 歩いていくのは 違うんだな ってこと。

なんかね、部屋をきれいにしたいなら
どういう部屋に住みたいのかを具体的に考えることなんだって。

そしてそのために自分が確実にできることを
どんな簡単なことでもいいから
ひとつ ひとつ 確実に していくこと。続けていくこと。

それが習慣になってしまうくらいに。


よくね、成功するために
そうなった自分を具体的に描いて そのように振舞え というのがあるでしょ。
あれって 根拠ある と 思う。

自分のなりたい方向がはっきりしていれば
自分を客観的にみたときに
自分が どの位置にいるのか
そのために いま 自分が行っている行動は 正しいのか? って考えるもんね。

そういうことを 考えるのを ずっと 避けてきたのかな。
やっと いま そういうことが 実感として わかったような気がする。

人生に遅いっていうことってない と思う。
もちろん 肉低的にとか年齢的にとか そういうこと関係ないとはいわない。
物理的に社会的に、そして肉体的に 難しいことは 実際 たくさんあるだろう。

でもね、
自分は ひとりしかいなくって
自分のことしてあげられるのって 自分だけで。
一生死ぬまでつきあうのは 自分だけだから。

最後まで 自分が満足できる自分でいてあげられるように
自分のこといたわって 励ましてあげながら
自分の行きたい方向にむかって 進んでいかなくちゃ なんだね。


いまはできなくてもね
明日には 今日よりも できるようになってる と思うんだ。

そうやって 進んでいきたいな って 思った。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
visionをもつ うさぎ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる