うさぎ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 距離を置いて生きる?

<<   作成日時 : 2006/06/07 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像

誠意をもてば誠意が返る というのはもう信じてないでしょ
と去年ある人に言われたときには
それは 違う と 思っていたし、いまもやっぱり 半分はそう思う。


たとえば 自分の期待しているような結果が返らないということ
それは 自分の欲しがっていた結果と
相手が欲しがっていた結果が違うだけだと思う。

それはお互いに歩み寄り 話し合うことができなかった
もしくは それでも 道が違うだけだったんだと思う。


人の言動とかは、
ある程度は こちらの受け止め方だったりする。

好意的に受け止めるか、疑いをもって受け止めるか で
同じ言動が 自分にとって違う意味を持ってくることもある。

だから 感情を交えないで 単純に現象を判断できれば 
それにこしたことはないんだと 思うけれど それは難しい。

それでも できるだけ客観的に見ても、
どう好意的に受け止めようとしても 
悪意とか おかしいな とか 思うことって あったりするときに
それでも 誠意をつくしていれば 相手の気持ちが変わるのか
というと あまり期待できないようには 思う。

世の中には
自分の目的のために 相手の気持ちとか考えないで
人の気持ちを利用して 
その場限りで動いて 責任を負わないひと というのも 確かに存在するみたいだから。

そういう人を信用してしまった という
自分が 見る目がなかっただけのことだけれども。


そんな こんなで 先日 ある人に

『人をすぐに信用しすぎてはいけない 
あまり期待をしなければ それだけ がっかりすることもないから
あまり相手に期待をしないほうがいい 
そう思って 人と少し距離を置きながら 過ごしていくのが わたしにとって
生きていくうえで楽なのではないか 』

と言われた。


それが きっと いいんだろう。
でも それは 果てしなく 孤独で さみしい生き方で
ため息が出そう。

 


人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
距離を置いて生きる? うさぎ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる