うさぎ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分のスタンス

<<   作成日時 : 2006/06/15 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わたしは人に甘えたり依存したりしてしまう傾向があるみたいで。
状態が悪いと 人に対して優しくできなくなったりしてしまって
自分にいらいらしてしまって
自分の殻に閉じこもってしまう という甘えがどうしてもある。

今回 何週間か ほとんどの友達と距離を置いて
ほとんど連絡もとらないで 過ごした。
ちょうど 友達もみな すごく忙しくなっていたので 好都合といえば好都合で。

その間、いろいろ考えた。

いちばん今回きつかったのは
人に裏切られているのかな 利用されているのかな
という出来事が多かったこと。

好きだった人のことを 信じよう 忘れよう という気持ちの間で揺れていて
たった1分でも 声がきけたときには 嬉しくて苦しくて
悲しくて。
でも こんなのは 自分がつらいだけだ って わかってしまった。


最初は友達と思っていた男性が
いつの間にかどんどん踏み込んできて
病気のことをはじめ、いろんなことについて ひどいことを言ってきて。

それはある意味正しいけれど そこまで言われる筋合いはないというか。

あげくの果てに
ほかのひとは信じちゃいけない 僕を信じなさい
あなたは こんなにめちゃくちゃだけど 僕はそれをわかって
あなたを 救いたいと思う 
とか 言ってきて。
なんか すごく そういう考え方っておかしい と思うし 怖い。

まったく こちらに気がないのにそういうことにまきこまれたり
なんか既婚者同士の仲良しのふたりにはさまれて
でも男のほうがぐちゃぐちゃいってきたりで めんどくさいことにまきこまれたり
そのほかにも たくさん 男の人を信じられなくなりそうなできごとに遭遇して。

でも 誰に相談できることでもないし。

ということで なんか すっかり ブルーだったのです。


でも 結局は 自分のスタンス、軸となるものが はっきりしてなかったから
ということなんだよね。

譲れないものは譲れないから それは曖昧にしないで
きちんと伝えて、流されないようにする。
自分と立場が違って 考えが理解してもらえない相手には
あまり 踏み込まないようにする。

話をきちんとしたら わかってもらえる、とずっと思っていたけれど
ひとはそれぞれの考えがあるから それは 無理なんだということが
やっと 身にしみたというところかな。

独身者でも いくら優しくても
何人もの女性に目移りする人とか 変に踏み込んで支配しようとする人は
友達にはなれるかもしれないけれど 信用はしちゃいけない
・・・なんて 当たり前のこと ですけど。

それを 関係を壊すのが怖かったり
相手にいやな思いをさせたくないから といって 曖昧にしていたから
相手には都合がよい というか つけこまれることになってしまっていたのだろうな
と 思った。

その点は わたしも悪いのかもしれない。

自分の進みたい方向を ちゃんと見失わないで向いていること。

それを忘れないこと が 必要だな って 思った。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分のスタンス うさぎ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる