うさぎ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 【本】 しあわせ動物園

<<   作成日時 : 2006/06/11 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



これは 上野動物園に行ったときに購入した本です。

1950年代から1990年代くらいまでの
上野動物園の動物たち、そして動物と飼育係のふれあいの写真が
それにあわせた 詩のようなものとともにのっています。

写真はどれも白黒で、
ユーモラスなものあり、ほのぼのするものあり。



それぞれの写真には 動物たちの名前がのっていますので
(カバのデカオ とか) 
上野動物園によく通っていた人であれば、
「懐かしい」 と 思うのではないでしょうか。

わたしは 東京の出身ではないので
上野動物園に行き始めたのは ここ何年かですが
それでも この写真集を見ていると
心が とても安らぎ、懐かしさを 感じます。

動物と一緒に映りこんでいる人々の姿が
小さいころの写真に写っていた風景や 人々の姿とだぶる部分があるから
なのかもしれません。

でも、みんなが本当にのんびりして
穏やかに、動物たちとのふれあいを 心から楽しんでいる
そんな 情景が見えてくるようで
とても 懐かしいような 切ないような気持ちにさせます。


小さいころに 家族でいった 動物園や遊園地を思い出しました。

動物園は今でも 休日にはとてもにぎわっていますよね。

水族館や動物園は 人を集めるために 
いろいろな 方法をとったりすることも多いみたいだけれど
でも、子供にとって 大きくなってから心に残るのは
お金をかけたり 奇抜なこと、刺激のあることばかりではなく
たとえば こういう 静かでおだやかなことでもいいのかな。と。

お母さんがお弁当を作ってくれるわくわく感や 
お父さんや兄弟姉妹と少しおしゃれをして でかけて
「みんなで一緒に楽しむ」 ということ。
みんなで 一緒に笑って 驚いて 
風や 陽を感じながら ゆっくりと 歩いて
ベンチで なんの変哲もないけど 大好きな おにぎりや海苔巻き、
卵焼きに から揚げ、水筒の少し甘いお茶

それをみんなで ほおばる。

そんな 単純なこと が 
実は いちばん 幸せな記憶として残っていくのではないのかな

なんてことを思いました。

ちなみに 今回の画像は 上野動物園の オカピ です。
このときは 暑い日の夕方だったこともあるのか
横浜ズーラシアの オカピに比べると
なんか 少し すさんだ眼だったような(笑)
おまけに フラッシュが うつりこんじゃってます・・・。

でも かわいいでしょ。

*06.08.01 この記事はhttp://blogs.yahoo.co.jp/cheerful_u_2006/MYBLOG/yblog.html
へ転載しました。 

 

しあわせ動物園―Remember your happy days

 


人気blogランキングへ
しあわせ動物園―Remember your happy days

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【本】 しあわせ動物園 うさぎ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる